Home > 住まいの実例集 > 石神井の3階建て

No.8

"石神井の3階建て"


2006.06.07 公開
2008.09.28 改訂
2016.11 改訂


ファサード(メインの外観)


久しぶりの東京都の案件です。

練馬は石神井の駅から数分の種々の建物で密集している環境下での設計となっています。前面道路の幅員4mは、関東、関西ではよく見られますが、現在私がいる北海道の札幌ではなかなか見ることもない環境です。

久々に道路斜線、採光などとの格闘となりましたが、間取りもまた、狭い中にいかに取り込むか、方位だけに左右されない間取り、視界がよいところはどこか、最低限の中にいかに住まいよくするか・・・

ある意味こういう環境下ほど、「住まいの本質」が問われるのかもしれません。

以前に安藤忠雄氏の作品を拝見したり、講演会などにも行きましたが、氏は、「自分の晩年に設計する建築は、小さい家がいい。それも10坪もない家がいい。」と言っていました。4畳半一間の中に宇宙を作ろうともしているのでしょう。自分はまだまだその境地には到底至りませんが、長年設計をしていると、少なからずその言葉の意味がわかります。

札幌の広大な敷地にすっかり身を置いていますが、久々に腕が鳴る案件です。もちろんこれは、この案件の初回プランで、正直なところこの環境でどのような方向性があるかを確認するテストプラン的なものです。今後、この案件を追及していきたいと思います。

でも、敷地25坪はやっぱり十分に大きいですね!(笑)

どうぞごゆっくりご覧下さい。


(建築Memo)
Title: 石神井の3階建て
建築地: 東京都練馬区石神井
用途地域: 第1種中高層住居専用地域
敷地面積: 82.56㎡ (24.92坪)
床面積: 延床:110.55㎡ (33.37坪)

1F:28.15㎡(8.50坪)
2F:47.61㎡(14.37坪)
3F:34.78㎡(10.50坪)

車庫:16.14㎡(4.87坪)


石神井の3階建て
001 002 003 004 005 006


※プレゼンボード内のロゴ「設計士の住宅アドバイス」は、当サイト前身の名称です


「石神井の3階建て」のファサード。
約25坪の敷地と全面道路幅員4mが作り出す外観です。3階部分の屋根は単なるデザインではなく、皆さんご存知の道路斜線をかわすものです。そのほか、消防隊員の非常用代用進入口、1階ガレージ奥にある建築基準法上の採光を得る窓などなど、種々の法的制限をクリアするべくのデザインです。まさに機能を兼ね備えるデザインには美しさがありますね。所謂、機能美を持つデザインはただのデザインとは異なります。



住まいの実例集

Top


Home



Total Visitor


Deens House Advice | Deens Japan House | Deens Group

© 2002 Deens Group